まつげの抜毛症

まつげの抜毛症

まつげの抜毛症

私は、重度の毛髪の抜毛症で18年間悩んできましたが、まつげの抜毛というのは経験したことがありません。

 

ですから説得力に欠ける部分があるかもしれませんが、私なりのまつげの抜毛症に関して考え方をまとめましたので、もしよろしければお読みいただければ幸いです。

 

 

まつげの抜毛症は治しにくい

 

抜毛症を発症する人の多くは1年〜2年くらいで、治るようですが、そうでない場合、つまり抜毛症が重度の場合、抜毛症自体が治すのがなかなか難しいと思っています。

 

これは、まつげでも同じなのですが、毛髪の抜毛症の場合は、最終手段として物理的に抜かない状態を作ることが出来ます。

 

つまり、髪を剃ってウィッグで過ごす。というような方法や、エクステンション等で自分毛髪に触れる事の出来ない状態を作る。ということ。

 

 

 

これをまつげに応用すると、まつげを剃ってしまって、つけまつげで過ごす。というようなものになるでしょう。

 

ただ、まつげを剃るというのは危険なので、現実的ではないですね。なので、指や爪で簡単には抜くことが出来ない長さに常に短くカットしておく。というのが現実的な方法かもしれません。

 

この状態で1年〜2年くらい過ごし、同時進行として原因の解明や原因の改善を行っていけば、かなり改善出来るはずです。

 

 

 

まつげを抜く理由や状況を考えて改善していく

 

抜毛症の治療の中で、行動療法を取り入れる方は多いと思いますが、この基本の基本に自分に起きている事をちゃんと理解する。というものがあります。

 

まつげを抜くようになったきっかけ、まつげを抜く理由、どういう時にまつげを抜いているんだろうか。

 

ということを自分なりに考えて整理することですね。

 

これが、抜毛症を治していく為の、ベースとなります。

 

これによって、原因の改善方法を見つける為に役立ちますし、日々の意識付けに活きてきますし、抜毛をしてしまうシチュエーションを避ける事が出来ます。

 

 

 

心療内科に行くのもひとつの手

 

医者に行けば必ず良くなるとは思いませんが、抜毛症の場合、「人に打ち明ける」「人の口から自分の身に起こっている事を説明してもらう」というような事は非常に大事だと思っていて、信頼できる医師に診てもらうのは、非常に重要な事だと考えています。

 

また、セロトニン欠乏症が抜毛症の根本な原因の場合、投薬によって症状を押さえやすくなりますので、行く価値はあると思います。

 

しかし、抜毛症は今でこそそこそこ名前が知られるようになってきましたが、まだまだ認知度は低く、医師によっては認識がおかしい場合もありますので、1つの医者だけに診てもらうのではなく、いくつかの医師の元を訪れるようにすると良いでしょう。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 私の抜毛症克服記|TOP

関連するページ

そもそも抜毛症の原因とは?
そもそも人ってどうして抜毛症になるんでしょうか?ハゲや薄毛ならいざ知らず、自分で自分の髪の毛を抜いてしまうなんておかしな話ですよね。そこで、ここでは抜毛症の原因とその過程、そして抜毛症にどう付き合っていくべきか、私なりに思ったことを書きます。
自分が抜毛症かチェック!
「ついつい髪の毛を抜いちゃう・・・もしかして自分は抜毛症!?」こんな悩みを抱えている人は近年すごく増えてるそうです。そこで、ここでは自身が抜毛症かどうか調べるためのチェックシートを用意しました。「もしかして・・・」と不安な人は参考にしてみて下さい。
ひげの抜毛症は簡単に止められる!というか、止められた!
ヒゲ抜毛って気持ちよくて、ついつい抜いちゃいますよね。私も昔は四六時中ヒゲ抜毛に明け暮れてました。でも、ヒゲ抜毛はやりすぎるとどんどんエスカレートする一方で良いことは何もありません。ここではそんなヒゲの抜毛症について、私がそれを止めた方法を書きます
子ども抜毛症について
家族、ましてや愛する我が子が抜毛症だと分かったら親としてのショックは相当なものですよね。自分の教育がいけなかったんじゃないか……と、自己嫌悪に陥ってしまう人もいるかもしれません。でも心配しないで下さい。ここではそんな子どもの抜毛症について書きました
眉毛の抜毛症
抜毛症の対象になる毛には毛髪や体毛など様々な毛がありますが、中でも厄介なのが眉毛の抜毛症です。眉毛は体毛や毛髪とよりも更に対人関係で大きな影響を与えるのでこれが無いのはマズいですよね。ここではそんな眉毛の抜毛症はどうすればいいかについて解説します。
抜毛症にウイッグやカツラは有り?無し?
病気でもないのに頭皮の一部だけハゲてるなんて冷静に考えて滅茶苦茶恥ずかしいですよね。それだけに抜毛症の人の中にはカツラやウィッグの着用を検討している人がほとんどだと思います。ここでは抜毛症におけるカツラ・ウィッグについて私の意見をまとめました
抜毛症と恋愛について
抜毛症の人の悩み事でよく挙げられるのが恋愛ではないでしょうか?かくいう私もそうでした。以前は好きな相手に抜毛症を言うか言わないかで夜通し悩んだこともありました。そこで、ここでは私の経験も踏まえて、抜毛症の人はどう恋愛と向き合うのが良いかか書きました